飯田製作所は、ふるい・ふるい振盪機の
専門メーカーとして、ステンレス・真鍮等の高精度製品を
製造中。公正証書等の発行も可能です。

メールによる問い合わせはこちら

  • TEL:06-6941-3122
  • FAX:06-6947-1765

JIS試験用ふるい

JIS Z 8801-1 JIS Z 8801-2 ISO9001認証取得

飯田製作所のJIS試験用ふるい(JIS Z 8801-1・2)は、長い期間同じロットの金網を用いて供給しております。
金網のロットがコロコロ変われば、分析データに差異が生じ、その原因を究明するのに苦労されるのが解ります。
また、面積の大きなふるいでは、避けがたい粗筋・織りムラが入ってきます。ムラや差異を生じさせないために、金網のロットは変更しておりません。
さらに、当社製品は製織の時点で検査に検査を重ね、精度の良い金網を作ることに努力しております。
近年試験用ふるいは、付加価値のある製品に対して、生産用として多く利用されております。
非接触三次元画像測定機による校正証明書付試験用ふるいは、年間7~800個余り、また再校正依頼の検査も年間3~400個余りになっております。

JIS試験用ふるい

実用新案型ふるいの特徴

普及型のふるいの構造は、ふるい枠と金網の張ったリング部が、かしめられて一体となり、ふるいの構造を形成しております。
実用新案型の場合、ふるい枠の下部を内側に曲げ、鍔(つば)を設けてその鍔に金網を張ってあり、試料の入る枠部と金網が一体となっておりますので、微粉等の試料がかしめ部に入ったりいたしません。
また、ふるい間(積み重ねた場合)にゴムOリングが入りますので、振盪機等で使用した場合、比重の軽い微粉はふるいの中で飛散してふるい重合部から漏れるのをOリングが防止しております。

  • 実用新案型登録等482067
  • 普及型
  1. 1. ふるい
  2. 2. 金網
  3. 3. リング
  4. 4. 鍔(つば)
  5. 5. Oリング用凹溝
  6. 6. Oリング(ネオプレーン)

実用新案型の特徴図4の部分

実用新案型の特徴図4の部分

JIS試験用ふるい
定価簡単検索システム

材質、本体サイズ(内径mmφ×深さmmH)、ふるいの目開き(mm/μm)の3つの項目を入力し検索ボタンを押してください。
※表示する定価は全て税別表記です。

材質


サイズ
目開き
mm/μm

定価表PDFダウンロード

menu