飯田製作所は、ふるい・ふるい振盪機の
専門メーカーとして、ステンレス・真鍮等の高精度製品を
製造中。公正証書等の発行も可能です。

メールによる問い合わせはこちら

  • TEL:06-6941-3122
  • FAX:06-6947-1765

ふるい震盪機

ロータップ型 ES-65型

ふるい振盪機 ロータップ型

飯田製作所のロータップ型ふるい振盪機は、長年の研究と経験の結果、従来のロータップ型の種々の欠点を取り除き、構造及び性能の合理性(操作の迅速性と確実性)を最高限度まで追求したものであります。
ロータップ型の傑作と評され現在各分野で広くご使用頂いております。
1台1台に真心を込めて生産しておりますので、安心してご使用頂けます。

ロータップ型製品カタログ

ふるい振盪機 ロータップ型

ロータップ型の特徴

  1. 効率が高く、あらゆる試料の分析に使用出来ます。
    電動機を機体内に内蔵し、鼓打軸も回転軸管内に遊押すると共に鼓打ハンマーを一対の支柱の片方に併設しましたので、据付面積は従来のロータップ型の2分の1で済みます。
  2. 回転部の全てにベアリングを使用しておりますので、回転を円滑にし耐久性を著しく増大しました。
  3. 弊社独特の合理的な構造により操作の迅速性と確実性を最高限度まで追求しております。
  4. ハンマーの過激な衝撃を適度な衝撃に換えるためにハンマー止め、ふるい受皿スプリングを設けているのは、当社のロータップ型だけです。 ふるい受皿スプリングは本来の回転の他にふるい内の試料の動きに上から鼓打ハンマーの衝撃を受けて上下の動きをも与えますので、ふるいの網面に当たる粒子の交換を活発にして分析
  5. 効率を高めているだけではなく、ふるいの目詰りを最小限にまで抑えております。

ロータップ型 製品仕様

電動機
0.2KW(1/4HP)
回転数
60Hz290r.p.m  50Hz246r.p.m
(50Hzの場合も60Hzと同数の回転数に変更可能)
容積
幅615 x 奥行310 x 高さ900mm
付属
タイムスイッチ付属
衝撃数
60Hz165r.p.m  50Hz145r.p.m
(50Hzの場合も60Hzと同数の回転数に変更可能)
重量
130Kg
使用出来るふるいのサイズと一度に
使用出来るふるいの最高個数
内径200mm(又は203mm)x 深さ45mm
7種と蓋及受器計8段
内径150mm(又は152mm)x 深さ45mm
7種と蓋及受器計8段

オプション

ロータップ型ふるい振盪機用防音ボックス

ロータップ型ふるい振盪機は、試験用ふるいの振盪機としては国内で一番多く使用されているのが現状です。
しかし、上部ハンマーでの鼓打音が、裸で2m離れた位置での測定値で80~85dBの間欠の騒音を発するため、非常に耳障りです。
防音ボックスを使用することにより、同位置で62~63dBまでカットされるため、多くの現場で使用されております。
  • カラー鋼板タイプ

    カラー鋼板タイプ
  • ステンレスタイプ

    ステンレスタイプ

ふるい振盪機 ES-65型

飯田製作所のふるい振盪機 ES-65型は当社ロータップ型ふるい振盪機の姉妹品として開発した小型の高性能ふるい振盪機です。 従来は75mmΦ等の様な小さなふるいを使用しての試料分析は、ほとんどの人の手に頼ってきたのが現状です。 その分野の方々に、より一層正確なデータを寄せて頂き、作業の効率向上と貴社製品開発の一助になればと願って開発しましたのが本機であります。 性能においても、当然ながら姉妹品であるロータップ型に劣らない優れた能力を発揮致します。

ES-65型製品カタログ

ES-65型製品カタログ

ES-65型の特徴

  1. ロータップ型の運動状態を応用しておりますので効率が高いです。
  2. 最小内径75mmのふるいまで使用出来ます。
  3. 小型で研究室から研究室への移動が容易に出来ますので、使用して頂く研究室相互の間で兼用出来て経済的です。

ES-65型 製品仕様

電動機
0.2KW(1/4HP)
衝撃数
60Hz130r.p.m  50Hz108r.p.m
重量
30Kg
回転数
60Hz230r.p.m  50Hz190r.p.m
容積
幅370 x 奥行270 x 高さ550mm
使用出来るふるいのサイズと一度に使用出来るふるいの最高個数 内径150mm(又は152mm)x 深さ45mm 5種と蓋及受器計6段
内径100mmラ深さ43mm x 5種と蓋及受器計6段
内径75mmラ深さ20mm x 10種と蓋及受器計11段
menu